アトピーはステロイドなしで治るのか?

ステロイド
アトピー性皮膚炎は様々な要因による免疫異常によってアレルギー反応を引き起こす疾患。

つまり、原因が特定できないため、治すのが困難と言われてきました。治療も症状を抑えるだけで完治は無理とも言われてきたのです。

しかし、例え慢性化したアトピーも適切な治療を施して症状がコントロールされた状態が保てれば、自然寛解や完治も期待される疾患となっています。

アトピーの症状のコントロールの方法としては、薬などで皮膚への治療をほどこすことと、食事の改善での治療が行われます。

皮膚への治療で用いられるのは、まずはステロイドです。

しかし、ステロイドの副作用を心配してステロイドを使いたくないという患者さんも多くいます。

しかし、ステロイド(塗り薬の場合)を正しく使うことで症状をコントロールすることができ、かゆみから解消されるのです。

もし、間違った思い込みがあるならば、その思い込みを捨てることをお勧めします。

メトセラと食事療法が効く

食事療法

とはいえ、恐怖心を持ちながらステロイドを使うというのも健康上よくありません。

そここでおすすめしたいのが「メトセラ」と「食事治療」です。
メトセラについてはここでは触れませんので詳しく知りたい方はメトセラの口コミサイトでご確認ください。

話を食事療法に戻します。

アトピーの食事治療で指導していることは「リノール酸系油」を摂ることの制限です。

リノール酸は体のなかで「過酸化脂質」と変化して皮膚の組織内に沈着して、アトピーのかゆみの原因となってしまいます。

アトピーの体質をトラブルが出なくなるまでの改善を食事で行うのは、かなり長期を必要とします。

しかし、日常の生活の中で工夫をしながら続けることで改善は可能なのです。
病院の指導をしっかり守って、かなりの期間続ける必要があります。

アトピーの原因は体質的な要因なのですから、食事療法で体質を改善することでアトピーを治すことは可能なのです。

もちろんハウスダストほかのアルゲンを取り除くことも必要です。
正しい対策でアトピーは治せる病気になっています。

白湯を飲むことでアトピーは改善する

白湯

では、具体的な食生活はどうすれば良いの?
という声があるとおもいますので、1つアトピーを治すための大切なことをお伝えします。

それは、体を冷やすものを飲んだり食べたりしないことです。

人は、体の表面や体内を冷やすことで免疫力が低下します。
反対に体を温めると免疫力がアップします。

そのため、飲むのなら温めた水。白湯です。
これが体のバランスを整え、免疫力を正常に保つことにつながります。

昔より現代社会の方がアトピーが多く、発展途上国より先進国ほどアトピーが多い理由、それは、冷蔵庫やエアコンが普及しており体を冷やした生活をする人が多いからです。

腸を冷やすことで腸内細菌は異常な状態になります。結果免疫力が低下、あなたの皮膚を守ることができなくなるのです。

もし、あなたがアトピーで苦しんでいるならば振り返ってみてください。
毎日冷たい飲み物を飲んでいませんでしょうか。

今からでも、あなたを守ってくれる免疫力をアップさせるために冷たい飲み物を禁止して、白湯を飲むようにしましょう。

あなたのアトピーの改善を心から願います。

アトピーに人気の水の彩って知ってますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする